【オンライン英会話の王者】DMM英会話の口コミ・評判をまとめてみました!


皆さんこんにちは。The・Training編集部です。

「そんなにお金と時間はないけど英語を始めてみたい」「海外旅行のために英語を話せるようになりたい」

そんな方には、数ある英会話サービスの中でも、初心者とお財布に優しいDMM英会話がおすすめです。

本記事ではDMM英会話を3ヶ月続けた結果、TOEIC920点・英検1級を取得した筆者が経験者の目線からDMM英会話の実情を経験談を交えつつ徹底解説します!

目次

DMM英会話とは?


DMM英会話は、動画やゲームコンテンツ配信を行うDMM.comの合同会社として2013年に始まりました。

オンライン英会話スクールは当時既に多数あった中で利用率、価格満足度、サポート体制、予約のしやすさにおいて業界1位にまで登り詰めたのです。

そんなDMM英会話は「ユーザーに『私は英語を話せる』というマインドセットを身につけてもらうこと」を理念としているため、英語への苦手意識を改善し、英語を好きになってもらえるよう、サービスを展開しています。

英会話初心者に優しく、そして経験者が楽しめるように非常に幅広い教材や講師、サポート体制を提供しているのです。

【そもそも】DMM英会話で英語が話せるようになるの?


条件付きですが、DMM英会話によって英語は話せるようになると筆者は考えます。

冒頭でお伝えした通り、筆者はDMM英語を受講した結果、TOEICと実用英語検定において高得点を獲得しました。

最初はぎこちない日常会話から始め、最後には社会問題について議論ができるくらいまでに。

そうした意味では、DMM英会話のおかげで英語力は上がったと言えるのでしょう。

しかし、それは「やりっぱなし」にしないということを守っていたからでした。

詳しくは下でもお伝えしていますが、毎日英語を浴びるということは素晴らしい効果をもたらします。少なくとも何もしていないよりは、何十倍も良いでしょう。

講師の方と楽しくお話しして、疲れつつも満足してレッスンを終える。しかし、それだけでは使える英語はあまり身につきません。

毎日レッスンが終わった後5分くらい今日どんなフレーズ、文を自分が使ったのかを思い出して復習をする。毎日やりっぱなしにせずに改善し続ければ、より早く着実に自分が使える英語を増やしていくことができます。

せっかく英会話を始めるなら、話せるようになりたいですよね。
復習を欠かさなければ、DMM英会話で実力は確実に身につく。筆者はそう考えています。 

DMM英会話の特徴5つ

DMM英会話の特徴を以下の5つに分けてお伝えしていきます!

①108カ国以上の優秀な講師たち

②破格の安さ!1レッスン150円

③8307以上の教材が全て無料!

④24時間365日レッスン受講可能

⑤オンライン英会話以外にも無料サービスが充実

特徴1:108カ国以上の優秀な講師たち


DMM英会話が他のオンライン英会話スクールと違うポイントの一つ目は、講師の多様さです。大手のオンライン英会話スクールではフィリピン人講師が多い中、DMM英会話はなんと108カ国から6500人の講師が集まっています。

また、この講師たちは採用率5%の壁を乗り越えた上に、厳しい研修を受けています。

講師の質に関して、「安かろう悪かろう」というわけではないので、安心できますね。

ちなみに実際に受講していると、フィリピン以外にセルビアやボスニア・ヘルツェゴビナなどの東欧系や南アフリカやジンバブエなどのアフリカ系の講師の方が多い印象でした。

特徴2:破格の安さ!1レッスン150円

サービス DMM英会話 レアジョブ英会話 NativeCamp
金額(一回あたり) 150円〜 187円〜 198円〜

DMM英会話はとにかく一回あたりのレッスン価格が非常に安いのが特徴です。

上の表でも一目瞭然ですが、1ヶ月単位、年単位で考えたらこの差は顕著なものとなります。

例えば、オンライン英会話業界の大手2社であるDMM英会話とレアジョブ英会話、そして通学型英会話スクールの大手ECC外語学院を比べてみましょう。

会社 1回あたり 1月(30日)あたり 1年あたり
DMM英会話 150円 4,500円 54,750円
レアジョブ英会話 187円 5,610円 68,255円
ECC外語学院 4000円 16,000円 192,000円

ECC外語学院の料金はDMM英会話の4倍近くになっていますね。

さらにレッスン時間もECC外語学院の場合は1回100分のレッスンが週1回のペース、DMM英会話は毎日25分のレッスンなのでECCはDMMの6割ほどのみなのですね。

こうした圧倒的なコストパフォーマンスは質と量を担保できるDMM英会話だからこそなせる技です。

DMM英会話ってなんでこんなに安いの?


皆さん不思議に思いませんか?

なんでこんなにDMM英会話は安いんだろう…と。その理由は二つあります。

①設備費がかからない

従来の通学型英会話スクールでは、レッスンのための教室、受付、待合室、講師控え室など様々な設備を用意する必要がありました。

しかし、DMM英会話では受講生だけでなく、講師も自宅からレッスンを行うので設備費が一切かかりません。そのため、大胆なコストカットが可能であり講師の人件費しか発生しないのです。

②人件費が安い

人件費しか発生しない、と上で書きましたがDMM英会話では日本でなく海外で現地雇用をするため、人件費の面でもコストカットを可能にしています。

特に人件費が低い地域の講師(アジアや東欧、アフリカなど)を採用することで1レッスン150円〜という「破壊的」な価格でサービスを提供できているのです。

特徴3:8307以上の教材が全て無料!


8307以上(随時追加されていく)の教材が追加料金なしでレッスンにて使えます。

・デイリーニュース

・会話

・旅行

・ビジネス

・ディスカッション

・TOEIC対策

・TOEFL iBT対策

・英検対策                               などなど…

もちろんこれらの教材はレッスンごとに変えることができます。
他の英会話スクールでは高額な教材費が発生することもあるため、追加料金が無いのは嬉しいですよね。

特徴4:24時間365日レッスン受講可能


DMM英会話では文字通り、24時間365日いつでもレッスンを受講することができます。

100カ国以上の講師がいるため、時差によって深夜・早朝もレッスンができる講師がいるのですね。

もちろんパソコンやタブレットがあれば、場所を選ばずレッスンを受講できるため、ちょっと出先で…なんてことも可能になります。

加えて、DMM英会話は予約がレッスンの15分前まで可能なことも他のオンライン英会話や通学型スクールとの大きな違いですね。

特徴5:オンライン英会話以外の無料サービスも充実

DMM英会話ではオンライン英会話以外にも英語学習を助けるためのコンテンツが充実しています。その主なものをここでは3つご紹介していきます。

iKnow!【英語学習アプリ】


DMM英会話によるアプリiKnow!は、英会話では鍛えられない「読む・書く」にフォーカスしたアプリです。

学びたい分野の単語やレベル別の学習コース、シーンに対応した教材が200以上あるため、英語学習系のアプリでたまにある「また同じ問題か…」ということもありません。

さらに、TOEICなどの資格試験系やビジネス、トラベルのための英語音声も豊富に用意されており、ネイティブスピーカーによる音声も収録されています。

uKnow?【専門家へのQ&Aサイト】


ネイティブやバイリンガルの日本人に「これって英語でなんて言うの?」を無料で質問できるDMM英会話受講者限定のサービスです。

これまでの質問数は15万を超えており、それに対する回答率は驚異の100%。日常会話で使いそうだけど、どう英語に訳せばわからない言い回しって結構ありますよね。

そんな悩みに対して、現職の英語教師の方や英語のプロフェッショナルの方に聞けるのが「uKnow?」なのです。

レッスンノート【講師によるレビュー】


とりあえずレッスンはなんとかこなしたけど、自分じゃ何が何だかよくわからなかった…

そんな人にとって嬉しいのがこのサービス。毎回レッスンが終わった後に担当した講師から、レッスンのレビューが送られてきます。

このレッスンノートを基に次回のレッスンではどうすればいいのか、自分は何が苦手・得意なのかを知ることができます

余談ですが、レッスン中も受講生が間違えた文法や語彙について、正しい言い方や単語をチャットで送信してくれる講師の方も多い印象です。

DMM英会話の5つの強み

次にDMM英会話の魅力、強みを再び5つに分けてお伝えしていきます!

①1ヶ月5900円〜だから始めやすい

②108カ国以上の英語に触れて英語耳をGET

③レベル・目的別に教材があるから無駄がない!

④レッスン15分前まで予約・キャンセルが可能!

⑤何から始めよう?!という初心者に嬉しいサポート体制

強み1:1ヶ月5980円〜だから始めやすい


英会話はしたい!でもそんなにお金は出したくない…という方に多くDMM英会話は利用されています。毎日25分英会話をするコースであっても月5900円から始められるため、「とりあえず始めてみようかな」という受講者の方が多いのですね。

筆者は…
かくいう筆者もDMM英会話を受講することに決めた最大の理由はその値段に惹かれて…でした。
DMM英会話を受講するしばらく前に筆者は通学型の英会話スクールに通っていたのですが、そこでは月4回しか話さないのにも関わらず、月3万円の出費が発生していました。正直なところ、英会話に月何万円、あるいは何十万円をかけて他のことを我慢するのは嫌ですよね。できることなら、英会話は趣味やプライベートとも両立させつつ、効率的に英語を習得したい。そんな方は筆者と同じく、DMM英会話に向いています。

強み2:108カ国以上の英語に触れて英語耳をGET


DMM英会話には100以上の国の英語講師が在籍しているため、地域や国によって異なるイントネーションや発音を体験することができます。

この多様な英語に触れることは、特に旅行やビジネスの場面において大きな力を発揮することになります。

例えば、インドに旅行に行く場合、イギリス英語のリスニング教材のみで勉強をして現地に行ったらあまりにも英語が聞きづらくて同じ言語なのかと疑うことになるでしょう。

結果何を相手が言っているのかほとんどわからず、困ってしまう。そんなことが容易に想像できます。そのため、DMM英会話のような多国籍の講師がいる英会話で「多様な英語」に触れておく必要があります

筆者は…
ちなみに筆者は、上で書いたような「多様な英語に触れる」こと以外にDMM英会話のシステムに魅力を見出していました。それは、各国講師の国民性です。自分のテンションがものすごく低い時にやたらと陽気な方とお話ししてても温度差を感じてより疲れてしまうことってありますよね。そこで筆者は例えば、疲れている時→優しくホスピタリティ溢れるフィリピン人講師
元気で、しっかりと議論をしたい時→セルビア人講師などその日の気分や体調によって国や講師を変えていました。

強み3:レベル・目的別に教材があるから無駄がない!


DMM英会話では8000以上の教材があるため、自分が英語を勉強する目的に合わせて受講をすることができます

例えば、

外国人と話せるようになりたい→Conversation, Vocabulary

海外旅行をするが英語が不安→Travel&Culture, Conversation

留学のために習得したい→Conversation Topics, TOEFL iBT speaking

ビジネス英語を身につけたい→Business, Discussion,Daily News

など豊富な教材を用いて自分が伸ばしたい能力を底上げすることが可能です。

筆者は…

国際会議で「議論できる英語力」を身につけようとしていたので、Discussionを始め、Daily Newsで特定のトピックに関して毎日DMM英会話を受講しました。

その時は、アドリブ力も身につけるためひたすら講師に教材に関連した質問もぶつけてもらうようにしていました。

自分の考えがうまく英語にできなかったりしたことも最初は多かったですが初めて1ヶ月ほど経ってくるとだんだん英語が口からちゃんと出るようになりました

強み4:レッスン15分前まで予約・キャンセルが可能!


英語やその他の習い事は一般的に毎週事前に決められた時間にレッスンや授業がありますよね。その中で当日予約・キャンセルできるオンライン英会話が英会話業界において台頭してきました。

さらにその中でDMM英会話が人気な1つの理由は直前15分まで予約・キャンセルができることです。

他のオンライン英会話サービスと比べても、DMM英会話はより利便的なのです。

筆者は…

当時毎日固定のスケジュールがあると言うわけではなく、むしろ日によって空き時間が異なっていたため、この15分前まで予約ができることはとてもありがたいことでした。

固定の場合、事前から決まっていたそのレッスンのために本来優先度が高い、他にやらなければならないことを調整する必要があったので助かりました。

強み5:何から始めよう!?という初心者に嬉しいサポート体制


一番主要なサービスであるオンライン英会話以外にDMM英会話では4つのサービスがあることを上でお伝えしました。これらのサポートになんの意義があるのでしょうか。それは、ズバリ「バランスが良い英語勉強法の確立」です。

どうしたら勉強を進めていけばいいのかわからずとりあえず有名な参考書を買ってみるという方も多いのではないでしょうか。

もちろん、それも悪いことではありませんがDMM英会話では特にそうした英会話初心者に向けてのサポートが充実しているのです。

日本人カウンセリングで勉強法を聞きつつ、レッスンノートで毎日講師から改善すべき点をもらい、iKnow!でリスニング力、リーディング力を伸ばし、uKnow?で分からないことを英語の専門家に質問する。

こうしたやり方でバランスよく勉強をしていくことで実践的な英語が身についていきます

筆者は…
実はほとんどこうしたツール、特にiKnow!とuKnow?は使っていませんでした。もともと英会話経験者ということもありましたが、そもそも知らなかったのが一番です。

そのため、今思えばかなりもったいないことをしたと考えています。

ぜひ、使ってみてください(笑)

DMM英会話の注意点

次にDMM英会話を受講する際の注意点についてご紹介していきます。

①安いからこそ、やる気の維持が難しい

②最安値プランだとネイティブ講師と2回しかレッスンできない

③講師の経験値に差があり、ジョーカーを引くことも…

④教材が多すぎて選びづらい

⑤レッスンをまとめて消化することはできない

注意点1:安いからこそ、やる気の維持が難しい


「一回200円しない授業…。飲み物1本分なら今日はやめちゃおう…。」
そんな状況になってしまいがちなのがDMM英会話の怖いところ。

目的や目標があってもなかなか継続するのって難しいですよね。監視してくれる人もいないし、値段という強制力も働きづらい。何か続けるための工夫が必要だと筆者は考えます。

筆者は…

英語習得への締め切りとモチベーションを明確にするために部屋に例えば「12月15日まで!!」「今サボろうとしてない?」など見るたびにヒヤッとさせられるような張り紙をしていました。そのおかげで、なんとかドロップアウトを避けることができ、英語力を向上させることができました。

注意点2:最安値プランだとネイティブ講師と2回しかレッスンできない


世界108カ国の講師と英会話ができるのは、DMM英会話の大きな強みです。しかし、その中でも実はスタンダードプラン(最安値プラン)でネイティブ講師とレッスンができるのはたった二回、しかも一回1000円の追加料金が発生するのです。

ただネイティブ講師といっても、アメリカやイギリスやカナダ、オーストラリアなど英語が主要言語の国が出身の講師を指しているため、例えばよほどイギリス英語を習いたい!という人以外は「一部制限されている」程度の認識です。

筆者は…

全くネイティブ英語にこだわっていなかったばかりか、むしろ色んな英語に触れたかったので全く気になりませんでした。

非ネイティブ講師だからと言っても、彼らのほとんどは日常で使う言語が英語なので、英語力としても全くネイティブ講師との違いはないだろうと以前担当してくれた講師の方がおっしゃっていました。

注意点3:講師の経験値に差があり、ジョーカーを引くことも…


出身の国によって、イントネーションや発音の違いはあるものの、英語力にはあまり違いがないと先ほどお伝えしました。しかし、DMM英会話では講師としての経験値の差は顕著でした。

実際に本職としても現地で英語を教えられている講師の方から、大学を卒業して子育ての合間に内職として英会話講師をされている方もいらっしゃいます。

両者とも親切に教えてくれようとはしますが、やはり前者と後者の教え方や会話の引き出し方の上手さは全く違います

そのため、あらかじめ予約HPに載っている講師のプロフィールや経歴を確認してみることをオススメします。

筆者は…

最初はたくさんの講師を試してみて、次第にお気に入りの講師を見つけていきました。最終的には4、5人から選んでいるような状態でした。自分の性格に合う人や教え方が抜群に上手い人は結構いるので探してみると良いでしょう。

注意点4:教材が多すぎて選びづらい


8300以上の教材。たくさんあるからこそ、選べない。確かに目的がなく「とりあえず始めてみるかー」と始めてしまうと、何を勉強すればいいのかがわからず、結局無駄に時間を過ごしてしまうことになります。そんなの嫌ですよね。

そのため、まずは

・キャリアアップ、就職のためにTOEICの教材を勉強する

・海外旅行で困らないために、外国人と臆せず話せるようになる

・自己投資として、知識を英語で学んでみたい

など目的を決める必要があるでしょう。

筆者は…

繰り返しになりますが、筆者は国際会議で議論できる英語力を求めていたため、トラベル英会話や日常会話を使った教材は一度も選びませんでした。その代わり、より議論に特化したものを集中的にこなしていました。

注意点5:次の日にレッスンを持ち越せない


DMM英会話では、「1日1レッスン」「1日2レッスン」といったように毎日レッスンを消化するシステムです。レッスンを受けずに1日過ごすと、その分のレッスンはもう受けられません

オンライン英会話サービスによってはポイント制といって月に30回分レッスンを受けられるというシステムを取っているところもあります。

筆者は、毎日ちょっとでもいいから毎日英語に触れることこそが最も手っ取り早い英語習得法だと考えますが、自分のライフスタイルと天秤に掛けて検討をしてみましょう。

筆者は…

継続は力なり。と上では言いましたが筆者もあまりにも忙しい日は、罪悪感はありつつもレッスンをお休みしたり、キャンセルしたりしていました。

レッスンをまとめて消化できないことは確かに不便ではありましたが、逆にまとめて何時間も英会話をする時間もなかったので、特に不満はありませんでした。

DMM英会話の向き・不向き

どんな人がDMM英会話に向いているのでしょうか。ここではこれまでお伝えしたことから抜粋してDMM英会話に向いている人・向いていない人をまとめました。

こんな人におすすめ

①新しく英会話を始めたい人

②わざわざ英会話教室まで通学するのが面倒な人

③教科書的じゃない生の英語に慣れたい人

こんな人には向かない

①数ヶ月後に海外赴任する人

②あまりに忙しく、毎日英会話の時間が取れない人

③英会話仲間と切磋琢磨したい人

DMM英会話のコース別料金・価格

スタンダードプラン:安く話したい人向け

コース名 料金(月) 一回あたりの
レッスン価格
講師
スタンダードプラン
毎日1レッスン
5,980円 193円 101カ国
スタンダードプラン
毎日2レッスン
9,980円  161円 101カ国
スタンダードプラン
毎日3レッスン
13,980円  150円 101カ国

101カ国の講師たちと毎日話せるこのプラン。とにかく安く、でもガンガン数をこなしたい!という方にオススメ。

プラスネイティブプラン:ネイティブと話したい人向け

コース名 料金(月) 一回あたり
のレッスン価格
講師
プラスネイティブプラン
毎日1レッスン
15,800円 510円 101カ国+7カ国のネイティブ講師
プラスネイティブプラン
毎日2レッスン
31,200円 503円 101カ国+7カ国のネイティブ講師
プラスネイティブプラン
毎日3レッスン
45,100円 485円 101カ国+7カ国のネイティブ講師

101カ国+ネイティブの講師と毎日話せるコースです。アメリカ英語やイギリス英語の綺麗な発音でレッスンを受けることができます。英語圏への留学のために勉強をしたい、といった方はこちらのコースが良いかもしれません。

英会話スクール3社との比較

スクール名 料金(オススメのコース) 講師 レッスン時間
DMM英会話 5,980円/1ヶ月(毎日) 100カ国以上の講師 25分
レアジョブ英会話 5800円/1ヶ月(毎日) フィリピン人講師 25分
Native Camp 5950円/1ヶ月(毎日) 数十カ国の講師 25分
ベストティーチャー 12000円/1ヶ月(毎日)
英語圏の講師
25分

価格の面では、DMM英会話よりNative Campの方がわずかに安いのですが、オンライン英会話以外のサポート体制や講師の出身国の多様さでは他の3社に比べてDMM英会話の方が優勢であると筆者は考えます。

支払い方法

DMM英会話の支払い方法は「クレジットカード」「DMMポイント」「DMMプリペイドカード」「PayPal支払い」「領収書払い」の5つが現在可能になっています。

割引・キャンペーン情報

2019年3月現在、DMM英会話による割引や公式キャンペーンの情報はありません。

具体的なDMM英会話の流れ

それでは実際、どのようにレッスンは進んでいくのでしょうか。動画と文字で見てみましょう。

レッスン予約
HPでログインし、開始15分前まで時間・講師・教材を選んで予約

準備
スカイプを立ち上げ、講師からのSkypeの友達申請を許可する

開始
事前に指定した教材を基にレッスンを行う

終了後
講師から送られてきたレッスンノートや自分でわからなかった点を復習

DMM英会話の口コミ・評判を調査!実際に効果、結果は出る?

ここまで筆者の体験談も合わせてDMM英会話についてお伝えしてきましたが、その他受講した人はDMM英会話をどう評価しているのでしょうか、ご紹介していきます!

良い口コミ・評判・体験談

①充実した日々になった

開始当初は特にフリートークになると混乱して言葉が抜けてしまったり、実質レベルの会話はまだまだ危ういものがあったけれども、

(1ヶ月間で)大分落ち着いて喋れているかなとは感じます。外国からのイベントゲストのアテンドも会話で間が空く事もあまりなく、後々Facebookでもつながれるメンバーに出会えたり、なかなか充実した日にできた気がします。
公式HPより

1ヶ月レッスンを受講した後、外国人との会話でも臆さずに話せるようになったのですね。違う言語だとはいっても相手は同じ人間。慣れれば怖くないですよね。

②自由度が高いレッスン

58回目、セルビアI先生 Conversation about Leaning. 現在完了が苦手!って言ったら「めっちゃ簡単!おしえたろ!」とチャットボックスを使って説明してくれた。

現在完了って意図しない文章になるから避けてたけど、やっぱりちゃんと勉強しよう。

Twitter @motoko-moko さん

文法についてSkypeのチャットボックスを用いて、教材外のことを指導してくれたのですね。このいうにDMM英会話では受講者の要望に合わせ、講師が様々なことをしてくれる場合もあります。

③英語を話すことに緊張をしなくなる

リスニングとスピーキングに緊張する事がなくなり、度胸がついた気がします。

毎回教材でしっかり勉強しなきゃ!という気負いがなく、疲れたらフリートークを中心にしたり、自分で内容をアレンジできたのが良かったです。

はじめは緊張します!が続けているうちに毎日英語のレッスンを待ち遠しく思える自分になれます。

公式HPより

いざ外国人を前にするとあたふたしてしまうことはよくある話です。1ヶ月で度胸がついたのは、ほんのちょっと最初は憂鬱でも毎日続けていったからなのですね。

残念な口コミ・評判・体験談

①講師とSkypeが繋がらないことも

DMM英会話、先生とSkype通話が繋がらないw 仕事でいつもSkypeしてる環境だから、ダメって事はないと思うんだけどなぁ、もちろん先生の側も。

Twitter
@hisagi さん

講師側の通信環境が悪く、Skype通話が繋がらない。もしくは音声通話はできてもテレビ電話はできないなんてことが筆者にもありました。

DMM英会話ではコストカットのために講師は各自の自宅や作業場から通話をするため、講師によっては通信環境が悪いのですね。

②プラスネイティブプランを

あとDMM英会話のネイティブコースを先月から使ってたんだけど、これあんまコスパよくないなぁというのが感想

悪くはないんだけど、ノンネイティブの三倍の料金払うかは、、、と言った感じ。

Twitter
@rivc-kmgw さん

「ネイティブ講師が絶対にいい!」「アメリカやイギリス、カナダなどに留学する!」
こうした方にはプラスネイティブプランをオススメします。

しかし、それ以外の方は、そもそも100カ国以上の講師と英会話ができるわけですし、スタンダードプランがいいでしょう。

③レッスンを無断で休むことも

DMM英会話本当に先生の質悪いからやめた方がいい。 3回予約して2回すっぽかされた

Twitter
@WSY- さん

講師の方が無断でレッスンを休むことがあるのですね…。

幸いなことに筆者の時には一度もそのようなことはありませんでしたが、講師によってはそういうこともあるみたいですね。

よくよく講師のプロフィールや評価欄を見てから選びましょう。

DMM英会話の講師を紹介!

DMM英会話では多様な講師が在籍している、と繰り返しお伝えしてきました。

それではそうした講師たちはどう採用されているのか、あるいは実際にどんな講師がいるのかについてご紹介していきます。

DMM英会話の採用基準

オンライン英会話の講師って質が低いんじゃないの…?と思われがちですが、DMM英会話ではそんなことはありません。

採用に関しても以下の5段階の採用プロセスを採っています。

書類審査
学歴・職歴のほか、英会話学校などの講師経験を中心に審査

面接
楽しいレッスンを提供できるかを中心に審査

トレーニング
ティーチングのプロによる徹底したティーチングの指導

デモレッスン(日本人スタッフ)
日本人スタッフとの一対一での練習で適切なレッスンの進め方を習得

評価・最終試験(日本人スタッフ)
コミュケーションスキルやティーチングスキルなど、全80項目に及ぶ最終審査を突破したら採用

有名な講師

Karmee先生

大学で英語を専攻されているカーミ先生。旅行コンサルタントとして、国内国外の旅行者に丁寧に対応してきました。

泳ぐことや音楽を聴くこと、友達と会っておしゃべりをすることが好きだそうです!

Vickee先生

ヴィッキー先生は経済学を専攻していました。流暢な英語とオランダ語を活かしてボスニア・ヘルツェゴビナの方達に英語を指導してきました。

趣味は木製の装飾品作りと映画を観ることだそうです。

Radek先生

実はこのRadekさん、筆者がよく教えてもらっていた先生なのです。

教え方も非常によく、レベルに合わせて教材にない質問をちょくちょくしてくれる明るく人柄の良いセルビアの方でした。

教材の内容以外にも、程よい距離感だからこそ言える悩みなどをRadek先生に相談していました。

大学では哲学を学び、これまで英語の家庭教師として勤めてきました。休日には映画を観たり、コンピューターゲームやチェスを楽しんでいるそうです。

途中解約について。全額返金保証はある?

DMM英会話では休会と退会の二種類の解約方法があります。

休会ではレッスンノート、レッスン履歴などの情報を残したまま解約しますが退会の場合はそれらの情報を全て消去して解約します。

それ以外に両者の違いはほとんどないため、よほどの場合を除いては休会手続きのみで良いと思います。

ちなみに休会(退会)手続きをしても、料金を支払っている日(月毎)まではレッスンを続けることができるので安心ですね。

例えば、4月1日に入会し、7月10日に休会手続きをした場合は7月末まではレッスンの受講が可能です。

月ごとに更新されるため、返金などのサービス・キャンペーンはありません。

まとめ

確かにDMM英会話は自由度が高すぎるため、モチベーションが続きにくいなどの注意点はあります。

しかし、とりあえず英会話を始めてみたい方や英語を毎日安く話したい方には非常にオススメです。

皆さまの英語ライフがより充実したものになりますよう、お祈りしております!